やっと行ったぜ瀬戸内芸術祭

こんなに近くに住んでいながら、忙しいし気持ちの余裕もなくて
なかなか行けなかった瀬戸内国際芸術祭。とうとう行ってきました~。
10月に入ってさらに混んでいるらしいので、高松方面は止めて
宇野港から豊島に行きました。
c0014786_2359483.jpg

まずはクリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」へ。
暗い部屋で心臓音とそれに呼応する裸電球の明かり。
言いたいことが直に伝わってくるような作品です。
希望者は自分の心臓音を録音することもできます。
友人が録音したということで検索して聞いてしまいました。
なんかちょっといけないようなことをしているような気分でドキドキ。

バスで移動しながら島内の作品を見ていきます。
たくさんなる作品の中でも気に入ったのは、神社にある青木野依の金属の作品と
池の中で揺れる戸髙千世子の作品です。どちらもその場所によく合っていました。
あと、家の中で嵐の日を体験できる「ストームハウス」は嵐の不穏な雰囲気が
好きなので楽しめました。
c0014786_00485.jpg

できたばかりの豊島美術館も整理券をもらって行きました。
足元を水滴や水のまとまりがゆるゆると動く様子はかわいらしく、面白かったです。
でも通常の入館料1500円、近くのカフェで塩むすび600円はなかなか強気な値段ですな。
でもなんといってもやはり瀬戸内の風景が美しい。
作品設置場所も島内の景色のいい場所を選んであるのでしょう。
これにかなうものはない、アートはこの風景を感じるためのきっかけ作りなんだなと思いました。

豊島一島しか行けなかったけれど、思ったより混んでなくてのんびりした島の空気を満喫してきました!
[PR]
by seikachannel | 2010-10-26 23:58 | 旅日記


興味のあることをなんでも お伝えするセイカチャンネルへようこそ!


by seikachannel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お勧め
仕事
制作日記
菜園・ハーブ
旅日記
ハバナビエンナーレ
日々のこと

以前の記事

2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

お気に入りブログ

川埜龍三の蔵4号

リンク

ブログパーツ

ライフログ

著書

旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

翻訳したCD

ライヴ・イン・アルゼンチン


ベイベール


チュリータ


ビター・ラヴ、スウィート・ラヴ


エスタール・デ・カミソン


アルボル


ムシカ・イノセンテ selected by 渡辺俊美


オーガニック・ブエノスアイレス


Jotera Lo Seras Tu


ミマ


ライヴ


YUSA


エレーナ・ブルケに捧ぐ


ファン


いつかホテーラに


カジェ・サルー(+4)


ラス・フローレス・デ・ラ・ビダ


ドンデ・エスターバス・トゥ ~スペシャルEP


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ


シレンシオ~スペシャルEP


ディスティント・ディフェレンテ


キューバのうた


マリア・テレサ・ベラ・リバイバル


エナモラード


クルサンド・エル・リオ


グランデス・マエストロス・デル・フラメンコ


キューバン・ギターの響き


君は特別


ルンバ・デ・コラソン(結成50周年記念アルバム)

翻訳したサントラ

サルサ!


ベンゴ オリジナル・サウンドトラック

DVD

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ2003 [DVD]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧