リリアナ・エレーロ


行ってきました。
「ほろ酔いの哲学者」の異名を持つ
アルゼンチンの歌手、リリアナ・エレーロのコンサート。
よかった。
やっぱり生はよかった。

この日は龍三くんとモンゴと岡山市まで行ったのですが、
開場時間よりずいぶん早く着いてしまったので
トイレに行ったら、龍三くんから「すぐ来て」と電話が。
急いで戻ってみるとなんとご本人と話しているではないですか!
なんでも会場の外にある喫煙所でばったり会ったそうです。
そこからみんなで話し始めて自己紹介をし、
龍三くんが作品集を見せたら、彼女の動きが止まりました。
「すばらしい」から始まって「この頭は何を考えているの?」
まで、たいへん気に入っていただけたようでした。
すごく嬉しかったです!
コンサート中にも名前を呼ばれたりととても光栄でした…。

アルゼンチンからは彼女のほかに、ギターとパーカッションの
3人が来日していたのですが、二人もよかった。
すごくまとまっていたし、二人ともまだ20代というのが
びっくりでした。
でもなんといってもリリアナの声がよかったです。
少しかすれたような声がなんとも訴えかけてくるのでした。
うーん。よかった。
しかも気候がぴったり合ってました。

こんなすてきな出会いも彼女のCDを紹介してくださった
オーマガトキさんのおかげです。
あとは場内禁煙だった会場のおかげかな。
c0014786_10421514.jpg

[PR]
by seikachannel | 2006-10-08 23:49 | お勧め


興味のあることをなんでも お伝えするセイカチャンネルへようこそ!


by seikachannel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お勧め
仕事
制作日記
菜園・ハーブ
旅日記
ハバナビエンナーレ
日々のこと

以前の記事

2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

お気に入りブログ

川埜龍三の蔵4号

リンク

ブログパーツ

ライフログ

著書

旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

翻訳したCD

ライヴ・イン・アルゼンチン


ベイベール


チュリータ


ビター・ラヴ、スウィート・ラヴ


エスタール・デ・カミソン


アルボル


ムシカ・イノセンテ selected by 渡辺俊美


オーガニック・ブエノスアイレス


Jotera Lo Seras Tu


ミマ


ライヴ


YUSA


エレーナ・ブルケに捧ぐ


ファン


いつかホテーラに


カジェ・サルー(+4)


ラス・フローレス・デ・ラ・ビダ


ドンデ・エスターバス・トゥ ~スペシャルEP


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ


シレンシオ~スペシャルEP


ディスティント・ディフェレンテ


キューバのうた


マリア・テレサ・ベラ・リバイバル


エナモラード


クルサンド・エル・リオ


グランデス・マエストロス・デル・フラメンコ


キューバン・ギターの響き


君は特別


ルンバ・デ・コラソン(結成50周年記念アルバム)

翻訳したサントラ

サルサ!


ベンゴ オリジナル・サウンドトラック

DVD

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ2003 [DVD]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧