<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「祖母のテーマⅠ+Ⅱ」 はじまりました!

ラガルト企画第3弾「祖母のテーマⅠ+Ⅱ」展が始まりました!
前回展示の搬出+改装+搬入を4日でするのは結構キツかったけど、
またまたみなみなさまのおかげさまで完成することができました!
どうもありがとうございました!

今回は「祖母のテーマ」2体が見ごたえありますので
ぜひ見に来てください!!
c0014786_22435744.jpg

写真にいるのは初日午後6時、閉店直後の私です…。
なんか急に力が抜けてしばしうたたねしてしまいました。
[PR]
by seikachannel | 2008-11-21 22:44 | お勧め

はや7年

はやいもので結婚してはや7年が経ち、
明日から8年目に入ります。
本当にあっという間で全然そんな実感がありません。

3年目から続いている習慣で
その年にちなんだ物を買うというのをやっています。
3年目 ブルースリーのピンバッジ
4年目 葉のクローバーのピンバッジ
5年目 レンジャーのミニフィギュア(友達イッシーくん夫妻からのプレゼント)
     *この年は記念の絵を描いてくれました
6年目 空き缶で作ったギター(キューバで買ったから普通のギターかもしれないけど、
     一応ロックギターという設定で)

さあ、7年目だどうしようとなってショッピングセンターに行きました。
七色ということで虹でもいいし、ナナホシテントウでもいいねと探したけど
案外そんなグッズがありません。
日付も変わりそうで焦って倉敷ドンキホーテに移動。
それでもなーい。空気がすさんでるー。
と思ったらありました!
アンディ・ウォーホールのバナナの絵のハガキ!

c0014786_1403843.jpg

即買って、心底ほっとしました。
これからの8年目も山あり谷ありになりそうで、
そんんあ相談や話をしていて、結局私達はかっこよくサクサクこなすよりも
足で歩いてひとつひとつ進めていくタイプだねと確認しあいました。
龍三くんが昔書いて(&描いて)いたことで
「今は飛ぶことよりも地を這うことだ」
とありましたが、その通りなのかもなあ。

とにかく一歩一歩がんばります!!
[PR]
by seikachannel | 2008-11-15 13:44

キューバ美術の会

今回の帰京の大きな目的はキューバネットワークの主催する
「キューバ学校」のキューバ美術の会に参加することでした。
ちょうどキューバ人若手アーティストのアベル・バロッソと
巨匠ネルソン・ドミンゲスが来日中ということで、この機会の逃す手はないと
開催されたのでした。

アベル・バロッソは木で携帯やパソコンを作って「第三世界」と「先進国」の
差を風刺する作家さんで、強いメッセージ性があるのですが、
作品はなんともユーモラスで面白いためにキツくなりすぎないところがいいのです。

ネルソン・ドミンゲスといえば現役キューバ人アーティストの重鎮の画家で
世界を股にかけて活躍しています。

キューバネットの方々とも約8年ぶりで、
この日は参加できない人も多かったのですが、
久しぶりに会えたみなさんはちっとも変わっていませんでした。

話はアベルさんの作品と現代キューバ美術の紹介が中心で
とても面白かったです。
なんといっても直接話が聞けるのがすごい!
やっぱりちょっと無理してでも行ってよかったです!

最後には希望も含めてハバナでの再会を約束して会場を後にしたのでした。
やっぱりキューバはおもしろい。
まだまだ興味は尽きません。

c0014786_14184824.jpg

[PR]
by seikachannel | 2008-11-06 14:08

ピカソ展~六本木

今日はお姉さんと3人でピカソ展へ。
過去最大級の展示が行われています。
会場の国立新美術館は変わった建物でうねっていました。初めて行きました。
昨日と打って変わってこちらは大変見ごたえがあってよかったです。
まずは点数が多いし、各時代とも内容が充実していました。
普通に見て、軽く2時間かかってしまいました。
この内容で1800円は安い。


サントリー美術館のピカソ展も見てから
みんな初めての六本木ヒルズへ。
前から見たかった巨大クモの作品「ママン」
やっぱり迫力あっていいなーと思って見ていたら襲われそうになってしまいました。
c0014786_143623.jpg

来てみたはいいものの、やっぱりこの場所には縁がないと思いました。
店見てても興味わかないしな。
やっぱり人にはそれぞれ住む世界があるんだな。
c0014786_14211980.jpg

[PR]
by seikachannel | 2008-11-06 01:43

横浜トリエンナーレ

ちょっと東京に来ています!
今月いっぱいで終わってしまうということで横浜トリエンナーレに行きました。
今回で3回目ということで、どんなものか行ってみました。
ところが見てみてがっかり。
半分が映像作品だし、あまりおもしろい作品がないし、
逆に不快感を与える作品が多かった。
しかもこの中で作家が自分の手で作ったものがどれだけあるんだろう。
これを見るために1800円は高いよ。
印象としては2流大学の文化祭といった感じだし、
見ていくうちにだんだん元気がなくなってくる作品群というのも珍しい。
やはり何か言いたいにしても見せ方にセンスは必要だし、
作品にはある程度は「美しさ」も必要なんじゃないかと思ったな。

いまのアートギョーカイはこんなのが流行りなのかもしれないけれど
この流れには乗らなくていいし、乗りたくないと心底思いました。
ただ、横浜の街を歩いたのは気持ちよかったです。
c0014786_9462389.jpg

[PR]
by seikachannel | 2008-11-04 23:54 | 旅日記

どぜう

ひさしぶりの帰京。
といっても今年はすでに展示も含めて3月、5月と帰ってきているから
これまでのことを考えたらものすごいペースです。
とにかく今年は移動が多いからな。
これからもこんなペースで動きたいものですな。

みんなで出かけられるのがこの日だけということで、
両親と姉夫婦と浅草に行きました。
水上バスで新橋から浅草まで川上り。

最後に水上バス乗ったのは大学のときかしら?
昔はもっと普通の「船」だったのに
今日のはレストランや喫茶店のようなつくりで豪華でした。

30分ほどの船旅はあっという間に過ぎて、浅草に着きました。
そしてこの日のメインの「どぜう」へ。
駒方屋という老舗に食べに行きました。
どじょうというともっと土臭いものかと思ったら臭みもなくて
とてもおいしかったです!!

食事の最後にはサプライズで龍三くんのお誕生祝いをしてもらいました。
店の許可を取って丸いケーキをみんなで切り分けて食べました。
下町の店らしく店内には「放歌ご遠慮ください」との
張り紙がありませしたが、
禁を破って誕生日の歌を歌ってやった!!!

c0014786_14352236.jpg


その後はなんと神谷バー。
昔から気になっていたけど入ったことはありませんでした。
中はこの禁煙ブームの時代に逆行するモクモクぶり。
女の子一人で昼から飲んでたりしていい雰囲気でした。

楽しい一日でした。
どうもありがとう。
[PR]
by seikachannel | 2008-11-03 14:22


興味のあることをなんでも お伝えするセイカチャンネルへようこそ!


by seikachannel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お勧め
仕事
制作日記
菜園・ハーブ
旅日記
ハバナビエンナーレ
日々のこと

以前の記事

2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

お気に入りブログ

川埜龍三の蔵4号

リンク

ブログパーツ

ライフログ

著書

旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

翻訳したCD

ライヴ・イン・アルゼンチン


ベイベール


チュリータ


ビター・ラヴ、スウィート・ラヴ


エスタール・デ・カミソン


アルボル


ムシカ・イノセンテ selected by 渡辺俊美


オーガニック・ブエノスアイレス


Jotera Lo Seras Tu


ミマ


ライヴ


YUSA


エレーナ・ブルケに捧ぐ


ファン


いつかホテーラに


カジェ・サルー(+4)


ラス・フローレス・デ・ラ・ビダ


ドンデ・エスターバス・トゥ ~スペシャルEP


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ


シレンシオ~スペシャルEP


ディスティント・ディフェレンテ


キューバのうた


マリア・テレサ・ベラ・リバイバル


エナモラード


クルサンド・エル・リオ


グランデス・マエストロス・デル・フラメンコ


キューバン・ギターの響き


君は特別


ルンバ・デ・コラソン(結成50周年記念アルバム)

翻訳したサントラ

サルサ!


ベンゴ オリジナル・サウンドトラック

DVD

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ2003 [DVD]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧